妊娠前 葉酸

なぜ妊娠前に葉酸が必要なのか?

妊娠前,妊娠初期,葉酸,摂取,不足

 

なぜ妊娠前に葉酸が必要なのか?

 

厚生省は2000年に妊娠可能な女性に葉酸を摂取するように呼びかけを行い、
2002年には母子手帳にも葉酸に関する記述が加わりました。

 

 

 

では何故、妊娠前に葉酸摂取をここまで推すのかその理由について知っていますか?
厚生省が呼びかけるほどだからよっぽどの理由があるに違いないのは確かですが、
具体的な理由まで答えられる方はどのくらいいるでしょう。

 

 

 

妊娠を計画している方、そしてまだ予定はないけれど将来子供が欲しい
考えている方も葉酸については予め知っておくべきです。

 

葉酸が神経管閉鎖障害の発症リスクを低下させる

 

そもそも葉酸とは何か?主にホウレンソウや小松菜など葉物をはじめ緑黄色野菜や
豆類、レバーなどに多く含まれているビタミンB群の水溶性ビタミンです。
細胞分裂に不可欠な存在で「血をつくるビタミン」とも言われています。

 

 

 

では何故、葉酸が妊娠前の女性にとって必要なのか、そこには赤ちゃんの
神経管閉鎖障害を予防する効果が期待されているからです。

 

 

 

神経管閉鎖障害とは先天性の脳や脊椎の癒合不全のことを言い、腰部の中央に
腫瘤があったり無脳症とよばれる脳に腫瘤のできる脳瘤や脳の発育ができないなど
が主な症状です。

 

妊娠前,妊娠初期,葉酸,摂取,不足

 

近年、葉酸が神経管閉鎖障害の発症リスクを低下させる効果がある判明し、
厚生省からも摂取するよう呼び掛けられるようになりました。

 

 

 

また悪性貧血や妊娠中毒症の改善にも葉酸は欠かせないものであることが分かっています。
赤ちゃんの体が作られる妊娠前から妊娠初期に十分に摂取するよう心がけてください。

 

 

 

>>>妊娠前に摂取するなら葉酸とマカ、どっちがおススメ!?