妊娠前 葉酸

妊娠前の葉酸を過剰摂取するのは危険!

妊娠前,妊娠初期,葉酸,摂取,不足

 

妊娠前の葉酸を過剰摂取は危険

 

胎児奇形の発生予防や貧血を抑える効果があると言われている葉酸は、
妊娠前から積極的に摂るように勧められています。

 

 

 

厚生労働省からの呼び掛けもあり、妊娠を望む多くの方が摂取する
栄養素ですが、1日の摂取量をきちんと守らなければ逆効果になる
恐れもあります。

 

 

 

非妊娠の方や男性は1日につき通常240μgの摂取で十分なところ、
妊娠前~妊娠初期の方には400μg、そして授乳期間中の方は
340μgの葉酸を摂取するように推奨しています。

 

妊娠前,妊娠初期,葉酸,摂取,不足

 

葉酸を妊娠前から摂取することで、胎児の神経系障害のリスクを低減できる
ことが分かっています。この結果を受けて、2000年からは母子手帳にも
葉酸の必要性が記述されるようになりました。

 

 

 

さらに正常な赤血球を形成する効果もあり、胎児だけでなく貧血になりやすい
妊娠時をもサポートしてくれます。
胎児にとっても妊婦にとっても
必要不可欠な栄養素ということなのです。

 

 

 

しかしどんなに良い影響をもたらしてくれる栄養素でも過剰摂取には
気を付けなければいけません。

 

葉酸の一日摂取量の上限

 

葉酸の1日摂取量の上限は1000μgと決められていいて、この量を超えると
食欲不振や不眠症、さらに吐き気や皮膚の痒み、アレルギーを発症
する
恐れがあります。

 

 

 

また胎児に対しても小児喘息を引き起こすリスクも高まることが分かっています。
サプリメントを活用すると葉酸の摂取量を把握することも出来ますし、普段の
食生活では摂取しにくい葉酸も効率よく得られるのでおススメです。

 

 

 

>>>葉酸は食事から摂取するのは難しい!?妊娠前から改善が必要