妊娠前 葉酸

妊娠前から葉酸を摂取すれば神経管閉鎖障害のリスク低減に!

妊娠前,妊娠初期,葉酸,摂取,不足

 

葉酸は神経管閉鎖障害のリスク低減

 

妊娠したい、もしくは将来子供が欲しいと望むなら
健康な赤ちゃんが生まれてくる為にも土台作りが必要です。

 

 

 

土台とはつまり食生活を見直したり、適度な運動を心がけることで
赤ちゃんが過ごしやすい環境を整えてあげることです。そして同時に
葉酸を摂取することも忘れてはいけません。

 

 

 

何故、妊娠前から葉酸が必要になるのか。
そこには神経管閉鎖障害が大きく関係してきます。

 

神経管閉鎖障害とは

 

神経管閉鎖障害とは赤ちゃんの脳や脊柱のもとになる神経管が形成不全となり、
ほとんどの事例では生後短時間で死に至っています。

 

 

 

この神経管閉鎖障害のリスクを低減するのに葉酸は必要不可欠な栄養素で、
厚生労働省も積極的に摂取するよう推奨しているほどです。

 

 

 

そもそも葉酸はビタミンB12と共にアミノ酸や核酸を合成し、
赤血球の生成に深く関わる存在です。不足すると細胞分裂が上手くいかず、
その結果、神経管閉鎖障害を引き起こしてしまうのです。

 

妊娠前,妊娠初期,葉酸,摂取,不足

 

子宮内の赤ちゃんの脳や脊髄の元となる神経管が完成するのは、
受精して4週目あたりです。つまり妊娠前から土台を作り、
妊娠初期までは葉酸が必須の栄養素
となるわけです。

 

 

 

妊娠前以外に、赤ちゃんが葉酸を母乳から摂取する授乳期間中も普段よりも多めに
得るよう心がけなければいけません。

 

 

 

非妊娠時は240μgで十分ですが、妊娠前から妊娠初期になると400μg
そして授乳期間中は340μgが必要と言われています。

 

 

 

普段の食事から摂取することも可能ですが、400μgや340μgとなると話は別です。
葉酸のサプリメントを併用するなど工夫しなければ1日で300μg以上摂取するのは
難しい
と考えておいたほうが良いでしょう。

 

 

 

>>>妊娠前に摂取しておきたい栄養分は葉酸だけ!?