妊娠前 葉酸

妊娠前に葉酸を摂取することで得られる効果とは?

妊娠前,妊娠初期,葉酸,摂取,不足

 

葉酸で得られる効果

 

細胞の再生を助けたり、心臓病や動脈硬化、それに肺がんなど
命に関わる大病の予防にも効果を発揮する葉酸は普段から
摂取してほしい栄養素のひとつです。

 

 

 

葉酸と聞くと女性というイメージがありますが、
男性もどんどん摂取する必要があります。

 

 

 

普段は240μgの量が目安となりますが、妊娠前から妊娠初期までの間は400μg
さらに授乳期間中も340μgが必要と言われています。

 

 

 

何故、妊娠前と授乳期間中はこんなにも葉酸が必要となるのか、
これから妊娠を考えている人は特に知る必要があります。

 

葉酸が必要となるわけ

 

葉酸は妊娠前に摂取すると二分脊椎症や、無脳症などの神経管閉鎖障害の
リスクを低減したり、常位胎盤早期剥離や流産・死産の予防に繋がる
ことが
分かっています。

 

 

 

さらに妊娠すると起こしやすい貧血の防止にも効果があるので、胎児にも母体にも
必要な栄養素として、妊娠前から摂取するよう厚生労働省が呼びかけるほどの
存在になっています。

 

 

 

授乳期間中には母乳の出を良くしたり、赤ちゃんに与える葉酸も摂取しなければ
いけないので普段よりも多めに必要となるわけです。

 

妊娠前,妊娠初期,葉酸,摂取,不足

 

妊娠が発覚してからでは遅い葉酸の摂取は、
妊活を行うと同時に摂るように心がけましょう。

 

 

 

ただ熱や光、水に弱い性質を持っているので食事から400μgを摂取するのは難しく、
ストレスに感じてしまう恐れもあります。食事を基盤とし、足りない分はサプリメントで
補うようにするのもひとつの有効的な方法です。

 

 

 

まずは妊娠を考えたら葉酸のサプリメント選びから始めてみてはいかがですか?

 

 

 

>>>葉酸が必要なのは妊娠前だけじゃない!